June 21, 2005

今のカンボジア人って、

80年代前半までカンボジアが内戦状態にあった事は皆さん御存知でしょう。
日本にいたころ、“キリングフィールド”という映画を見て、「ヤバイ国もあるんだ」と思った。

実際にはカンボジア全国民の20%~50%(ハッキリした調査データが無い?)
がポルポト派兵士によって処刑されたと聞く。
処刑の対象になった人は、学のある頭の良い人。
ポルポトは自分の理想国家を作るために、将来歯向うかもしれない教養のある民衆を
片っ端から処刑した。そして庶民も馬車馬のように働かされ不満を言う者も、ねこそぎ
処刑していったという  一つの国家の半数近い庶民を。

そう考えると当時のカンボジアは「殺す側」と「殺される側」がはっきり2つに分かれていた事になる。
では、
「今さっき道ですれ違った、おじさんも、当時何十人(何百?)かの処刑に手を加えてるのかな?」
と、人の顔を見るたびに、そう思わずにいられなかった
でも、それが事実なのだから、不思議な気持ちだった

※天気が良かった  プノンペン市郊外にもあった処刑場跡 この窪んだところから、 説明不要か

KIRINNGUFIRUDO-20.jpg






at 03:06│Comments(3)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ジョニー   June 21, 2005 12:35
こんにちはジョニーです。
写真のような場所はカンボジア国内にいくつも存在するのでしょうね。
そうそう、毎回聞こうと思ってたのですが
S田さんは心霊写真を写したことはありますか?
今回の写真のような所を撮影したら何か写りそうなものですが・・・
2. Posted by S田   June 21, 2005 20:05
僕は霊感無いですけど、
それでも、過去2回ありましたね。
そのうちの1回は後楽園ホールでした。
3. Posted by ジョニー   June 21, 2005 20:48
やはりあるんですね~
後楽園ホールで亡くなった人もいますからね~
あの場所ってなんか人の思いが染み付いている特別な場所って感じがしますよね

コメントする

名前
URL
 
  絵文字