June 15, 2005

あー。チェンマイ

結局、チェンマイには行けませんでした…。
なにしろタイでは時間の予定をたてても70%(私の勝手な判断)はその通りにはいきません。
ってなわけで、今回もまたズタズタに予定変更せざる得なかったわけで…
次の機会をみてチェンマイに行くという事にしました。
それに18日にソンチャイプロモーションのビックマッチがプノンペン開催
ということもあって、その試合も見に行ってきたかったし。

チェンマイで余裕をもって仕事したかった(遊びも)僕には、
18日までの1日2日間で、チェンマイ任務の達成には滞在時間が短すぎたわけです。

プノンペン(カンボジア)で行われるソンチャイさん興行は、
S-1の様なトーナメントマッチと聞いています。
カンボジアではタマに国際ムエタイ戦が行われていて、カンボジアの選手が負けると、
リングサイドにパイプ椅子やビール瓶、ブロック等が飛んでくるそうで、そんな写真も、
たまには面白いか?と期待してます!!
カメラ盗まれない様に、カンボジア人に変装してプノンペンに入国するS田であります。

※ところでシアンKさん、あなたって誰でなんですか?噂の的です。
(Kさんの言ってるジョニーさんと僕の友人のジョニーさんは別人ですよ)
私もS田とかいって名のってますが、たぶん本名は早田寛でしょう??。

Kさんはトゥータイレックが好きなんですか?
僕はルンピニーのタイトルを獲った翌日も仕事(嫁と飯屋経営)に行く彼がたまらなく魅力的でしたね。
「悲願のベルト獲ったから、一ヶ月は練習休んじゃお!!」
なんて言ってる日本のボクサーとは、ちょっと生活(生き方)が違いましたね。
やはりムエタイ王者になる男は、その辺の考え方が違うのかも?
だって、悲願のルンピニーチャンプになった翌日に飯屋で仕事ですよ!!(チャイスーVol25参照)
その取材時、「頼むから、一日くらい休めよ?もうあなたはルンピニー王者なんだよ!!」って勝手に思っちゃいましたよ。

※先日6月3日のトゥータイレック。僅差の判定勝ちを聞いた瞬間、こんな顔でした…
img20050615.jpg


at 05:29│Comments(3)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ジョニー   June 15, 2005 16:59
こんにちは、ジョニーです。
昨夜はお疲れ様です。
このブログに出てくるS田さんの写真には毎回心打たれるものがあります。
質問なのですが今回のこの写真の焦点距離は何ミリでしょうか?
撮影位置はリングロープの真下でよろしいでしょうか?
差し支えなければお教えください。
2. Posted by シアンK   June 15, 2005 18:18
僕の思ってたジョニーさんはちょっと大柄でS田さんと同じく写真を撮られる方です。この書き込みのジョニーさんは別の方なんですね。僕も別にあえて名前を伏せてるわけではないのですが、最初にこのページに来たときに のり でシアンKとつけてしまいました。 トウ-タイ-マニーデーンの試合後、トウ-タイ スゴイ吐いてたようですけどその後大丈夫だったんですか? CT撮った方がよいのでは? S田さんの写真、ムエサヤームの中刷りポスターになってほしいです。(絶対うけるはずです)
3. Posted by S田   June 15, 2005 20:05
>ジョニー様
どうしたんすか?いきなりそんな真面目な質問かまして!!
僕が普段、格通などの試合撮影で使ってるレンズは、28~70のズームです。でも、肝心なのは開放値が最低F2・8のレンズを選んでください。じゃないと、それ以上暗いと、視力が3・5とかあるアフリカの人でもピンと合わせが難しいでしょう。
でも、この写真(トゥー・選手)の写真は35ミリF1・4で撮りやした。なので、さらに明るく覗いた瞬間何でもバッチし見えちゃいます。すると、シャッターチャンスをつかみ易いですね。
>シアンK様
いえいえ、名前がわからないからこそ、オモロイのですね。
ところで、トゥータイレック、吐いてたんですか?でもそれ、多分違う理由だったんじゃないですか?だって、そんなにパンチ食らってなかったような…風邪でも引いてたんでしょう(笑)
それと、ムエサヤームとかのカメラマンは、その全員がS田より良い写真撮るベテランです。
と、同時に取材の事など、なんでもアドバイスをくれる良い人間です。
よく助けてもらってます。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字